株式会社NTTデータビジネスブレインズ

NTTデータビジネスブレインズ、翼システム 基幹システムオープン化へ移行する企業の電子帳票分野を協業

~ACOSならびにERPからのオープンシステム帳票運用と大量出力管理を解決する、
「PANDORA」と「帳票iソリューション」の連携~
~帳票設計/印刷の機能拡張として帳票管理基盤を強化~

2003年10月14日

株式会社NTTデータビジネスブレインズ(社長:西村雅寛 本社:東京都港区 以下、NTTデータビジネスブレインズ)と、翼システム株式会社(社長:尾上正志 情報企画事業部:東京都渋谷区 以下、翼システム)は、このたび、基幹システムのオーブン化で課題となるオープンシステムでの帳票運用と大量出力管理を必要とする市場に対して、両社のソリューションを連携した共同マーケティングを展開することになりましたので、お知らせいたします。

昨今、ROI、TCO削減がとわれるなかで、基幹系システムのオープン化が本格的にはじまっています。企業システムの再構築では、オープン系アプリケーションやデータベースへの移行、ERPの全社導入がすんでいますが、基幹系の帳票印刷環境の移行ならびに電子帳簿保存法に準拠した帳票の電子管理は、大きな課題のひとつとなっています。
今回、オープン化による全社システムの最適化をすすめる上で、NTTデータビジネスブレインズの「PANDORA」と翼システムの「帳票iソリューション」が連携することで、中枢の帳票システムに対して、低コスト化/システム全体の短期構築/帳票運用の一元管理をはかることが可能になります。

NTTデータビジネスブレインズの「PANDORA」は、メインフレームや各種サーバの既存システムを変更することなく、運用される帳票類を電子化し、ペーパーレスオフィスと出力コスト、保管場所等の運用コストを大幅に削減できる、法定帳票の電子化保存に対応した電子帳票システムです。実務では文字検索、項目別検索(数値の大小比較、期間による検索)、EXCEL展開などが可能です。さらにEXCELへの入力作業までの自動化やCD-R保管やメール添付、Web環境からもPANDORAを利用するなどの実用的な機能と操作性を提供します。
翼システムの「帳票iソリューション」は、基幹システムにおけるTCO削減、全社システム最適化のための短期帳票開発を実現する、包括的な統合帳票ソリューションです。導入企業11,000社、Web環境でのサーバライセンス8,900サーバを数える帳票設計ツール「Super Visual Formade(スーパー・ビジュアル・フォーメイド)」をコアに、ソフトウエア部品の組み合わせ、Webシステムから基幹系帳票処理の分野まで、オープンかつ一気通貫な運用が可能な帳票出力環境を実現します。

両社製品の連携は、基幹システムが移行されても、帳票の様式や運用そのものを継承し統合していかなければならないシステム要件を満たす重要なソリューションとなります。とくに、ACOSユーザやSAP R/3をはじめとするERPを導入検討するユーザーに対して、レガシーとオープン混在の環境で、一元的な帳票運用ならびに保存管理がはかれる大きなメリットがあります。

まずは、NTTデータビジネスブレインズが開催するユーザー会にて、下記日程でのセミナーを開催します。

「SVF連携 電子帳票ソリューション」セミナー

東京会場 2003年10月20日(月) 14:00~17:00(開場13:30)
東京コンファレンスセンター・品川 406号室
東京都港区港南1-9-36 アレア品川 TEL:03-6717-7010
大阪会場 2003年10月21日(火) 14:00~17:00(開場13:30)
大阪ビジネス会議センター(長和ビル 地下一階)
大阪市中央区瓦町3-5-7 TEL:06-6231-2484

さらに、今後、NTTデータビジネスブレインズと翼システムは、共同企画のセミナーを開催するとともに、12月に開かれるNEC主催「iEXPO」においては、両社連携の柔軟なオープン系帳票ソリューションを展開してまいります。

関連サイト

NTTデータビジネスブレインズ
電子帳票システム「PANDORA」

※記載の会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

本パブリシティに関する問い合わせ窓口

株式会社NTTデータビジネスブレインズ
第一SI事業部 上村
電話:06-6222-7560

翼システム株式会社
マーケティング部広報課 金子
電話:03-5766-2833 


 ニュースリリース一覧に戻る