株式会社NTTデータビジネスブレインズ

<開催終了>(セミナー)<大阪開催>これで出来る! 帳簿・書類の電子化活用 ~領収証・請求書等の「スキャナ保存」の新要件とは~

※ このセミナーは終了いたしました。 どうもありがとうございました。


2015年5月12日

 このたび当社では、ジップインフォブリッジ株式会社およびセイコーソリューションズ株式会社のご協力のもと、「これで出来る! 帳簿・書類の電子化活用 ~領収証・請求書等の「スキャナ保存」の新要件とは~」 セミナーを開催させていただくことになりました。
 e-文書法 および 電子帳簿保存法は企業の基幹である財務会計を電子化するための法的基盤で、業務および会計システムの電子化は、その要件を正しく理解して構築されていなければなりません。平成27年4月1日、電子帳簿保存法施行規則が改正・施行されました。スキャナ保存制度について大幅な規制緩和が盛り込まれ、早速多くの企業が検討を始めているところでございます。
 本セミナーでは、同法の概略と今回の規制緩和の内容を解説するとともに、実際に業務の中で利用するにあたっての具体的な実施方法とそのポイントを、わかりやすくご紹介いたします

つきましては、万障お繰り合わせの上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

セミナー名 これで出来る! 帳簿・書類の電子化活用
 ~領収証・請求書等の「スキャナ保存」の新要件とは~
日   時 2015年7月17日(金) 13:30~16:30(13:15受付開始)
主   催
共   催
ジップインフォブリッジ株式会社 / 株式会社NTTデータビジネスブレインズ
セイコーソリューションズ株式会社 
会   場 大阪商工会議所 502号会議室  (定員 60名)
  〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-8
          [最寄駅]  地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅 徒歩7分
                 谷町線「谷町4丁目」駅 徒歩7分
会場へのアクセス(大阪商工会議所サイトへ)
プログラム

 13:30~13:40 ご挨拶                              
 13:40~14:40 第一部 「正しく理解! 電子帳簿保存法 の新要件」
  13:40~14:10    正しく理解!e-文書法と電子帳簿保存法
                        アンテナハウス株式会社  行政書士 益田 康夫
          日本文書情報マネジメント協会(JIIMA) e-文書法WG リーダー 
  14:10~14:40    改正スキャナ保存制度の実際とは?
                        セイコーソリューションズ株式会社
       システムインテグレーション統括部 クロノトラスト部 部長 柴田 孝一

 14:40~14:50  (休憩) 

 14:50~16:20 第ニ部 「関連ソリューションと活用事例のご紹介」
  14:50~15:30   これで出来る! 帳簿・書類の電子化活用!
             こうして出来る「スキャナ保存」こうして出来る「帳簿保存」
                      株式会社NTTデータ ビジネスブレインズ
  15:30~15:55   デジタルエビデンスのすすめ
             タイムスタンプの仕組みと最新活用事例
                        セイコーソリューションズ株式会社
  15:55~16:20   ここにも使える、保存データの活用事例
             見つけ出すための仕掛けづくりのポイントはここだ
                         ジップインフォブリッジ株式会社

 16:20~16:30  質疑応答
 

詳細 および
参加申し込み 
詳細 および 参加お申し込みは、
当社、Pandora-AXサイトより、お願いいたします。
詳細および参加お申込み(当社、Pandora-AXサイトへ)

※参加費(受講料)は無料です。(事前登録制)
   お申し込み多数の場合は、抽選により受付させていただく場合がございますのでご了承ください。
   同業他社様からのお申込みはお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
 

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータビジネスブレインズ
      ビジネスソリューション事業部 事業企画グループ
    担当 : 山本(やまもと)
    Tel : 050-3481-7118 Fax: 050-3481-7112
ホームページからのお問い合わせはこちらから

 


 イベント・セミナー に戻る