株式会社NTTデータビジネスブレインズ

個人情報保護対策

企業の情報セキュリティは年々重要性を増し、「個人情報保護法」では、個人情報の厳格な管理・保護が求められています。電子帳票システムPandora-AX を使えば、次の様な管理・保護が可能です。

安全性

  1. 全ての情報をデータベース内(SQLServer)に保管しているので、DBの安全性と同等。
  2. CD/DVD出力時は暗号化+パスワードで保護。

利用権管理

  1. UserID+パスワードで、帳票利用権を詳細に設定可能。
  2. パスワードは、有効期限・最少文字数・再使用禁止など運用も厳格化。
  3. 利用者毎に、印刷不可・二次加工不可などの設定可能。

重要帳票

  1. 帳票毎に、二次加工の禁止可能。
  2. 帳票毎に、ファイル帳票出力の禁止可能。
  3. 帳票毎に、印刷の禁止可能。

アクセス記録

  1. 誰がいつどの帳票を何分間に渡って閲覧したかの「閲覧記録」を残せる。
  2. 誰がいつどの帳票を何ページ印刷したかの「印刷記録」を残せる。
  3. 印刷時のフッターに、印刷者・印刷日時を自動付加。

利用権を管理して、セキュリティを強化

既存のシステムからの帳票出力を電子帳票システム Pandora-AX で一本化することで、アクセス権管理の一本化とアクセス記録の一本化を実現できます。

アクセス権管理とアクセス記録の一本化


お問い合わせフォームへリンク。お電話のお問い合わせは05034817118