株式会社NTTデータビジネスブレインズ

トレーサビリティシステム

【食品】トレーサビリティシステム

概要

生産から流通、消費者までの各段階における統合型食品トレーサビリティ実証実験システム。RFIDやQRコードなどの先端テクノロジーも利用。
RFIDにはucodeが用いられ、RFIDやバーコード内の情報(ucode等)をICタグリーダや携帯情報端末(PDA型端末、携帯電話)を使用して読み取り、インターネット経由でucodeに紐付く生産・流通履歴や商品情報を登録・照会する。

当社開発範囲 基本設計(BD)~総合試験(PT)
開発期間 2004年9月~2005年2月
開発規模 20人月
開発言語・利用技術
  • RedhatLinux
  • Java
  • Struts
  • PostgerSQL
  • ActiveX
  • B-TORON
  • RFID
  • ucode

システム構成図

トレーサビリティシステム構成図 


お問い合わせフォームへリンク。お電話のお問い合わせは05034817119