株式会社NTTデータビジネスブレインズ

青果物流通履歴管理システム

【実証実験】青果物流通履歴管理システム

概要

青果市場経由で流通する青果物について、RFIDを利用して栽培情報・農薬散布状況・流通履歴情報等に関する消費者・関連業者への情報提供を行い、農場から食卓までのトレーサビリティを実現。
入出荷時にICタグを読み取り作成された流通履歴情報は、CSV形式でインターネット経由でデータセンターに送信される。 RFIDタグは、EPCグローバルに準拠したものが用いられ、サーバ側では、EPCに紐付く栽培・流通情報などがEPCISを使用し管理されている。

当社開発範囲 詳細設計(DD)~総合試験(PT)
開発期間 2005年8月~2006年1月
開発規模 8人月
開発言語・利用技術
  • Java
  • Eclipse
  • Struts
  • blanco Framework
  • Oracle
  • RFID
  • EPCIS

システム構成図

青果物流通履歴管理システム構成図 


お問い合わせフォームへリンク。お電話のお問い合わせは05034817119