株式会社NTTデータビジネスブレインズ

スキャナ保存対応支援ソリューションとして、「Pandora-AX Scan Archive」を発売

2015年11月9日
株式会社NTTデータビジネスブレインズ
アンテナハウス株式会社

スキャナ保存対応支援ソリューションとして、
「Pandora-AX  Scan Archive」を発売

 株式会社NTTデータビジネスブレインズ(東京都港区、代表取締役社長:荒井功、以下、ビジネスブレインズ社)は、スキャナ保存対応支援ソリューションとして、「Pandora-AX Scan Archive」の販売を開始します。

 ビジネスブレインズ社は、電子帳票パッケージ分野においては「Pandora-AX」を20年以上に渡り販売し、コンピュータ出力帳票の電子化分野では多くの導入実績を持っています。

 今回発売する「Pandora-AX  Scan Archive」により、請求書や領収書のように原本が紙の国税関係書類についても、電子データによる保存がより容易になります。

 本年、電子帳簿保存法施行規則が改正され、原本が紙の国税関係書類を電子データで保存する場合の要件が緩和されました。9月30日より新要件での承認申請がスタートしています。今後、スキャナを使用して作成した電子データでの保存が進むものと考えられます。なお、スキャナ保存の適用を受けるには、保存要件(真実性・可視性の確保)を満たし、あらかじめ所轄税務署長等の承認を受ける必要があります。

 「Pandora-AX  Scan Archive」は、請求書や領収書といった紙による書類をスキャニングしたデータを格納し、タイムスタンプの付与はもとより、その後の一括検証・バージョン管理などを行い、強固なセキュリティ下で、長期的な保存を可能にするソリューションです。また日付や金額などといった様々な検索要件に対応し、常日頃からの業務効率UPの要求に応えます。

  ※保存すべきデータ、スキャナ保存イメージ

 保存すべきデータ、スキャナ保存イメージ

  ※その他、診断サービスにより、e-文書法対応実施時の費用対効果予測を算出する
ことで、お客様の検討作業を支援します。

 診断サービス

 

■「Pandora-AX  Scan Archive」の機能・特長

 1.スキャナ保存対応
    タイムスタンプ付与/ファイル一括検証/バージョン管理/複数条件での検索
 2.運用管理
    自動仕分け/自動削除(期間設定削除)/データ圧縮
 3.セキュリティ
    アクセス権限(帳票、ユーザ)/ログ管理(アクセス、検索、削除)
 4.その他

■「Pandora-AX  Scan Archive」の概要

 発売開始日 : 2015年11月
 提供予定価格: 280万円~(税別)
 今回の「Pandora-AX Scan Archive」は3年間で100セットの売上を見込んでいます。
 また、イベント・セミナーのご案内を含め、「Pandora-AX」製品サイト(http://pandora-ax.jp/)にて、逐次ご案内していく予定です。

 なお当製品は、タイムスタンプ付与において、アンテナハウス株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:小林徳滋)が販売する、長期署名LE:XAdES:Lib/LE:PAdES:Libを使用しております。

 引き続きPandora-AXは、オフィスにあふれる電子文書、紙文書を管理し、オフィス内の情報資産を集中管理することでセキュリティの向上と情報共有/活用を推進します。電子帳票パッケージと合わせることで、帳票に関わるトータルな管理強化とセキュリティ向上を計り、紙に関する内部統制の強化を支援いたします。


※本文中に記載されている会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータビジネスブレインズ
      ビジネスソリューション事業部 事業企画グループ
    担当 : 山本(やまもと)
    Tel : 050-3481-7118 Fax: 050-3481-7112
               E-Mail: package@nttd-bb.com
    〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルA館14F

 


 

ニュースリリース一覧に戻る