株式会社NTTデータビジネスブレインズ

アクセシビリティ・ユーザビリティ

アクセシビリティ・ユーザビリティを考慮して、利用しやすいWebサイトに

アクセシビリティ・ユーザビリティを考慮

Webサイトにおけるアクセシビリティ、ユーザビリティの考慮は、最近の企業Webサイトでは必須となってきています。実際に多くの企業が取り組みを進めており、インターネット上のバリアフリー・ユニバーサルデザインは、どんどん浸透しています。
あらゆる方にとって利用しやすいWebサイトを構築することは、企業のCSR(社会的責任)に直結します。
結果的に企業価値を高め、情報を発信する企業および利用する方の双方にとって、多くのメリットがあります。

アクセシビリティ・ユーザビリティとは

「アクセシビリティ」

障害を持つ方を含め、パソコン初心者、高齢者など、あらゆるユーザーにとって利用がどの程度可能かを考慮することです。

「ユーザビリティ」

ソフトウェアやホームページの「使いやすさ」のことです。様々な機能になるべく簡単な操作でアクセスできることや、使っていてストレスや戸惑いを感じないことなどが、優れたユーザビリティにつながります。 ユーザーが目標の操作を完了するまでに費やした労力などもユーザビリティの指標となります。

アクセシビリティ・ユーザビリティ対応の一例

当社は、アクセシビリティ、ユーザビリティのノウハウを豊富に蓄積しており、以下のサービスを実施しております。

全面CSSレイアウト

CSSレイアウトのイメージ

従来のWebサイトは、テキスト情報とデザイン要素を一つのファイルに記述していました。これらを別々に、構造化して記述することで、ファイルサイズが軽くなり、Yahoo!やGoogleなどの検索サイトに登録されやすくなります。また、音声ブラウザでの読み上げが可能になる、など多くの利点があります。

中ページの印刷対応

印刷対応のイメージ

中ページを印刷する際、横幅が収まらなかったり、無駄な箇所が印刷されてしまったりするのは非常に不便です。
そこで、ヘッダーやフッター、左メニューなど、印刷の際、不要な部分は印刷されないようにし、A4縦の横幅に収まるよう、自動で調整されるようにします。

文字サイズの変更に対応

文字サイズ変更のイメージ

ご高齢の方や目の悪い方がWebサイトを閲覧しやすいよう、文字サイズを自由に変更できるようにします。

音声ブラウザで読み上げ可能

音声ブラウザで読み上げ

視覚に障がいをお持ちの方が利用する音声ブラウザで御社サイトを正しく読み上げ、利用できるようにします。

統一されたナビゲーション

ナビゲーション統一のイメージ

ヘッダー、フッター、左メニューを統一し、突然別のサイトにリンクしたような不安感を感じさせないようにします。

ぱんくずナビを配置

ぱんくずナビのイメージ

現在、どのページを見ているかを示すぱんくずナビを置き、サイト内で迷うことがないようにします。


お問い合わせフォームへリンク。お電話のお問い合わせは05034817119